メールマガジン購読


melma!「メルマガオブザイヤー2005」 アート&カルチャー部門−カテゴリ賞受賞

JUNKOのワザありコラム
● ● ● 「ぶんぶん便」● ● ●
紹介/登録/解除のページ

(ページ内スクロール)各社登録解除コーナー ↓バックナンバー ↓配信サンプル『ラジオの記憶』他 ↓ぶんぶん便の歩み


メールマガジン「ぶんぶん便」って?
配信会社を通じて、ほかほかエッセイなどを
あなたのE-mailアドレスに直接配信するサービスです。
●誰が何してるの?
まっすぐに物を見るのは実はとっても難しい。
ジョーシキ眼鏡を外し、裸眼で見て、考える。
職人魂で文作りに取り組む、ぶんぶんライターJUNKO。
チカラいっぱいお届けします。 歯ごたえあり。
●ぶんぶん便の内容
辛口コラム、ほのぼのエッセイ、「ぶんぶんブログ」の更新情報など。
●配信開始  2000年7月1日創刊
●配信頻度  不定期
●講読料    無料
●配信形式  ノーマルテキスト(普通のメール)
●携帯対応   携帯電話対応していません

●執筆者   大山淳子
●発行責任者 吉永和夫:yoshinaga@mbe.nifty.com
配信会社は下記3社から選べます。
 まぐまぐ / めろんぱん / melma!
 登録された方のE-mailアドレスは私ども発行者へは公開されません。
 (配信会社で管理されます)
(※画面下部に配信サンプル『ラジオの記憶』があります)



 購読登録(解除)フォーム

希望の配信会社の空欄にメールアドレスを記入し登録(解除)して下さい
(まぐまぐ / めろんぱん / melma! )


■まぐまぐ(メルマガ配信のパイオニア、巨大配信会社)  ID:0000037573  
登録/メールアドレス:
解除/メールアドレス:

※メロンパンの配信サービスは2015年9月30日に停止します

■めろんぱん(厳選メルマガ、量より質で細やかな対応)  ID:002791

『JUNKOのワザありコラム「ぶんぶん便」』 を購読しませんか?
めろんぱん
E-mail


■melma!(国内最大級の配信会社)   ID:00012880
 登録/メールアドレス
 削除/メールアドレス

※2010年に(株)サイバーエージェントからユニティ(株)に事業譲渡されました。


■バックナンバー■
バックナンバーからの選りすぐりが
 で閲覧できます。

最新のバックナンバーはこちら(まぐまぐのサイトに移動します)。




■「ぶんぶん便」配信サンプル■

     bunbun-bin ha tanosiina kyoumogenkini bunbunikou sore!
■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■・・■
■■■    「ぶんぶん便」  2007/7/4  No.362
■  ■ 
■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  作/者/か/ら/

もう7月です。ぶんぶん便は7歳になりました。

ようやっと。いっちねんせーになりました。

いっちねんせーは考えます。

「しょうがない」発言の責任のとり方は、

防衛省を防衛庁に降格する。「しょう」が「ない」

だめ?

もうすぐ七夕ですね。スーパーや病院などに笹が飾られて、

短冊が置いてあり「自由にお書き下さい」なんてサービスがあります。

笹にぶらさがる短冊を読むと、子どもたちのかわいらしい願い事が

書かれてあって、1日じゅう見て歩きたいくらいです。

ほほえましい&うらやましい。

わたしも一筆書きたいのですが人目があってできません。

「○○○○○○○!」

はい、心に書きました。

さてみなさんの願い事は何でしょう? 

先週は無事ラジオドラマがオンエアされました。

聴いてくださった多くの方から励ましのメールをいただきました。

ありがとうございます。

また、偶然ラジオで聴いてこのメルマガの存在を知って

登録してくださった方もいらっしゃいます。

現在不定期発行ですが、お気長に(変)よろしくお願い致します。

今日のコラムは子どもの頃の思い出です。

ずいぶん前にもぶんぶんで取り上げた出来事ですが、

もう一度今の気持ちで書き直してみました。

ラジオにまつわる思い出です。



─C─o─n─t─e─n─t─s─────────────────

□今週のコラム: ラジオの記憶

■シネマ de ぶんぶん :  『包帯クラブ』



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□ ラジオの記憶

─────────────────────────────────

あれはわたしが小学4年生だった頃。
いきなり校長室に呼ばれた。
そこには見知らぬ大人がゾロリいて、大きな機材を持っており、
その中のショートカットの若い女性がハリのある声で、
「今日はここで作文を読んでもらいます」とわたしに言う。

校長室の中央には応接セットがデンとあり、
私はソファの中央に座らされた。
テーブルには授業中に書いた私の作文が置いてある。
女性がマイクを差し出した。
「あなたの作文がラジオで放送されるのよ」

教師からは何も聞いていなかった。
ただ「校長室へ行きなさい」と言われたので、ヤバイことかと思っていた。
だいたい校長室なんて、場所もよくわからない。
わたしは小学校を5回も変わるほどの「常時転校生」だったから
校長室どころか校長の顔だって知らないし。
なんとか校長室にたどりつき、「叱られる?」と覚悟して入ったら
「読め」だって。ホッ。
言われた通りに作文を読んだ。

作文は、『飼っていた手乗り文鳥が逃げて兄とふたりで探し周り
近所の家の庭先で見つけて無事捕まえた』というシンプルな内容だ。
ラストは「文鳥を両手で抱えふところにしまった」とブツッと終わる。

読み終えた後「お兄ちゃんとは喧嘩する?」など
子ども番組らしい質議応答があって、最後に
「好きな曲をリクエストしてください」と言われ、
咄嗟に「串本節」と答えた。
それは紀伊半島南端の民謡で、毎晩父が風呂でうなっていた。
「仲を取り持つ巡航船」というくだりがあり、
「じゅんこうせん」を「じゅんこ船」と聞き違えて、
自分の歌だと思っていた。

放送当日は学校があってその時間には聞けなかったが、
親がテープレコーダーに録音し、夜家族みんなで聴いた。
自分の声を聴くのは初めてで、びっくり(がっくり)した。

最後に番組を担当する国語教師のコメントが流れた。
「大山さんの作文は、ハラハラドキドキしますね。
文鳥への優しい気持ちが伝わってきて、心の中がホカホカしました」
関西弁のイントネーション、優しく渇いた声で、
司会は彼をハイタニセンセイと呼んだ。
変わった名前だなあと思った。
あの灰谷健次郎氏だと気付いたのは、大人になってからである。

文章ではなく「気持ち」をほめられた。
そのことが深く長く心に残った。

去年、映画の脚本で城戸賞入選の通知をいただき、その十日後、
新聞で灰谷氏の訃報を知った。
どきっとした。
わたしは心がホカホカするシナリオが書けているだろうか?

人はその死さえも意味を持つのだ。
本人の知らないところで遠い誰かの心に何かを残したりもする。

灰谷氏が背中をそっと押してくれたような気がした。
あなたはあなたのままがんばりなさいと。

上手なシナリオは書けないかもしれない。でも一生をかけて、
優しくあたたかい世界を目指して行こうと思う。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ シネマ de ぶんぶん 『包帯クラブ』

─────────────────────────────────
公式ホームページ↓ 9月15日ロードショー
http://www.ho-tai.jp/

天童荒太原作。堤幸彦監督。

人の心の傷を癒すためにその人が傷ついた場所やものに包帯を巻いてあげる。
そんな無償の行為をゲーム感覚でやる包帯クラブ。
映像がとてもきれいな「映画」らしい映画です。

この映画でビックリしたのはなんといっても柳楽優弥(やぎらゆうや)くん。
カンヌで賞をとったあの『誰も知らない』の柳楽少年。
すごいです。野獣になってます。

声も顔も動きもタダモンじゃないぞ。
モンスターだぞ。
唯一無二の存在感。鈍く重たく光り輝く俳優だ。

カンヌってすごい。ただ綺麗な目をした男の子だからじゃなくて
こんなオオモノの未来を予見して賞をあげたのね。すごい。

日本映画界は怪物(宝物)を得て、うれしい悲鳴だろう。
これからがほんと楽しみな俳優だ。
わたしもさっそく彼を主役に想定したお話を書いてみようっと。

モンスターにどすん、とぶつかって「当たり!」みたいな映画です。

ストーリーを追って行く途中でふと思ったんだけど、
人のために夢中で動く人は、自分自身の傷から目を背けている。
背けているうちにそのまま自然と癒されていく。
そんな気がしたのだけど、どうでしょう?



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


・過去の作品からよりすぐり各8編。ぶんぶんセレクションはこちら。
     http://homepage1.nifty.com/jyk/bbsel.html
     http://homepage1.nifty.com/jyk/bbsel2.html
・最新のバックナンバーは下記URLでご覧になれます。
     http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000037573



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎ ご意見ご感想は吉永和夫(発行責任者)まで yoshinaga@mbe.nifty.com

執 筆 者 ● 大山淳子
発行責任者 ● 吉永和夫   yoshinaga@mbe.nifty.com
連 係 HP ●『ぶんぶん館』 http://homepage1.nifty.com/jyk/

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して発行しています。
  まぐまぐ       ID:0000037573 http://www.mag2.com/
  melma!     ID:00012880 http://melma.com/
  めろんぱん      ID:002791 http://www.melonpan.net/

※当メールマガジンの無断転載・複写はご遠慮ください。
─────────────────────────────────
「ぶんぶん便」の登録/解除は下記URLで(配信3社対応)。
         http://homepage1.nifty.com/jyk/bbb.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※姉妹誌あります。『今日のいきぬき』発行人:いまむら氏
         http://homepage3.nifty.com/imacha/iki/


※サンプルは配信済みの「ぶんぶん便」No.362から転載しました。



●「ぶんぶん便」のあゆみ

1999/05/31■ HP「Kazu ILLUST GALLERY」内にJUNKOの文文コーナー(画像23k)開設。
2000/07/01■ メルマガ「ぶんぶん便」創刊(Web上の文文コーナーはぶんぶん館として独立)。

2000/12/18■

メルマガ「エッセイ雑貨店・365のおもいで」でぶんぶん便紹介。
アクセルさんのHPでインタビュー記事などが掲載されたバックNo.が読めます。
(※エッセイ専門メルマガ紹介メルマガ http://members.tripod.co.jp/axle/365o_Main.htm)
2001/04/16■ Pubzine(2004年にサービス終了)で「優良誌」に選定!
2002/07/27■ めろんぱんで「オススメ」に選定★メルマガナビこころさんに感謝!
2002/10/07■ 愛読メルマガ「今日のいきぬき」(いまむら氏発行)と姉妹誌提携!
2002/12/17■ めろんぱんで「オススメ」に選定★メルマガナビセイルさんに感謝!
2003/05/21■ ウィークリーまぐまぐの「読者さんの本棚」で紹介(もももこさんに感謝)。
2004/02/29■ 「じゃがいも徒然草」(管理人はいつでこ氏)と、いとこサイト提携!
(※はいつさんのメルマガは現在仮眠中のようです)
2004/06/25■ melma!ニュースの「発行者インタビュー」でぶんぶん便掲載!
2004/12/29■ ウィークリーまぐまぐ[総合版]の「まぐまぐ特選!おすすめメルマガ」で紹介。
2005/07/14■ RanSta(2006年2月にmelma!と統合)オープン記念キャンペーン厳選メルマガに選定!
2005/12/22■
 melma!
 「メルマガオブザイヤー2005」
 【カテゴリ賞−アート&カルチャー部門】受賞!
2006/02/28■ ぶんぶん便300号配信!
2006/09/26■ 「映画のまぐまぐ!」の「映画のおすすめ情報」コーナーで「ぶんぶん便」紹介『サムサッカー』。
2006/11/29■ ウィークリーまぐまぐ[総合版]の「まぐまぐ特選!おすすめメルマガ」で紹介。
2007/03/28■ 「映画のまぐまぐ!」の「映画のおすすめ情報」コーナーで「ぶんぶん便」紹介『大帝の剣』。
2007/04/10■ カプライト・ニュースの「今週の厳選マガジン」で「ぶんぶん便」紹介。
2007/04/19■ めろんぱんで「オススメ」に選定★メルマガナビみやもさんに感謝!
2008/01/04■ ウィークリーまぐまぐ[エンタメ]『2008年最初に観るべき映画』コーナー執筆参加(全16誌)
2008/01/16■ めろんぱんで「オススメ」に選定★メルマガナビたらこさんに感謝!
2008/09/08■ melma!の読者評価ランキング(8月)「アート&カルチャー部門」で第一位。
2009/06/09■ melma!の読者評価ランキング(5月)「アート&カルチャー部門」で第一位。
2009/06/16■ カプライト・ニュースの「本日のおすすめ」で紹介。メルマガソムリエの山中さんに感謝!
(カプライトは2010年3月にサービス終了)
2011/07/14■ ぶんぶん便500号配信!


以上「ぶんぶん便」の紹介でした。 ぜひ一度ご講読ください!